腕時計を着けることで気分をオンに!

仕事に対する誠実さを自らアピールしよう

「これ、今日の会議までに作成しておいて」
上司に頼まれれば「はい」と答えるのが妥当ですよね。
さて、今日の会議まであとどれだけの時間があるのか、確認するモノががければありません。
それが、時計。ビジネスマンといったら腕時計をチラチラ確認しているイメージが強いですよね。
漫画でも映画でも、その光景はよく目にするのではないでしょうか。
時間を確認せずに「お任せください!」なんて言ったら本末転倒。
相手からは時間にルーズと思われるほか、膨大な案件の山がのしかかります。

ここで重要なポイントが確認し、整理すること。
腕時計のメリットとして大きく2点が挙げられます。
一つ目は、まずは時間を確認するモノを腕に密着させることによって、
いつどこにいても時間と隣り合わせでいられること。
二つ目は、ある種のマナーとして、です。
これについては次項でピックアップしていきます。

時計1つで印象がガラッと変わる?

『高価な腕時計=お金持ち』といった概念は、長きにわたって今もなお消えていません。
某スポーツプレイヤーがチームメイトに高額腕時計を配ったという話題が上がっていましたが、
それだけ腕時計とは身分を図るツールとも言えます。
逆転の発想をすると、身分を図るツールすらなかったとしたらどうでしょう。
もちろん立ち振る舞い、笑顔、話術を駆使し印象をよくすることはできますが、疲労困憊。
腕時計一つで印象が良くなるのであれば、せっせとお仕事を頑張って、良い時計を買うに越したことはありません。

いい時計とは何か、一概には言えませんが、
自らの向上心を高めてくれて、相手からも高く評価されうるツールなのではないでしょうか。
やる気スイッチとして、良い腕時計をつけてみてはいかがでしょうか。